首のイボの治療法(メリット・デメリット)

首のイボの除去・首のポツポツの治療対策コスメ@人気ランキング

首イボの治療、首のぽつぽつ除去、デコルテのぶつぶつ、キレイにつるん!杏仁オイル、ヨクイニン、 ハトムギ配合!口コミで人気のイボ対策コスメ7商品の売れてる!人気ランキング

首のイボの治療法(メリット・デメリット)

いつの間にかできてしまった首元のイボ。タートルネックを着るとこすれるしそのうち増えたり大きくなってきたり…

こんな悩みはありませんか?イボを放っておくと、紫外線や、加齢、服やアクセサリーでこすれるといった刺激によって、どんどん増えてしまいます。

中高年の方だけでなく20代でもイボはできます。悪化するほど治療に時間もお金もかかってしまうので早めに治療や除去を行いましょう。

首のイボの治療方法は皮膚科美容外科へ行くか、市販薬除去コスメを使う方法があります。

イボの皮膚科での治療の場合は液体窒素を使う手術(保険適用)レーザーを使う手術(保険適用外)があります。

メリットは市販薬での治療よりも効果的で短期間で治せること。デメリットは痛みがあること(個人差あり)、何回も通う必要があることです。

イボの市販薬や除去化粧品の場合だとヨクイニンハトムギを摂取する、液体薬や軟膏薬を塗る杏仁オイルを使う、などがあります。

メリットは手術よりも費用が安いこと、自分で手軽にできること。デメリットは体質改善させるため長期間かかることです。

しかしそもそもなぜイボができたのでしょう?いぼができる主な原因はヒト乳頭腫ウイルスに感染したことが主な原因とされています。

健康な方なら問題ないウイルスですが傷口があった場合などはウイルスに感染してしまいます。

例えば不特定多数の方が触るドアノブスリッパプールジムなどの更衣室から感染します。

ほかにも紫外線によってメラニン色素が溜まったり、こすれることでの肌ストレス、加齢による新陳代謝の低下があります。

それではイボを防ぐにはどうすれば良いでしょう?しかしこれは残念ながらイボの特効薬はないので予防しかありません。

小さな傷でも必ず絆創膏を貼ること、乾燥を防ぐために保湿クリームを使うこと、紫外線を避けることなどです。

また健康な方なら感染しにくいためきちんとした食事、運動、睡眠で丈夫な体作りを心がけましょう。




▲ ページトップ